第183号 院内感染対策は大きな光|D☆STYLES-MCレポート
 
 
 
 
   
  ようこそ ゲスト さん  
歯科医師・歯科医療スタッフの方、
  歯科関係者の方の会員登録はこちら
歯科経営に役立つ成功事例・
  おかしな事例、感動体験等をお届け!
歯科医院の経営ノウハウやスタッフ
  教育などに役立つセミナーを開催中!
PR
歯科医院トラブル対策シンポジウム
 
PR
DBMコンサルティング 書籍販売コーナー
 
 

 

 


※プレミアム・レギュラー会員の方は、D☆STYLESにログインするとダウンロードをクリックできます。
※プレミアム・レギュラー会員に新規登録される方は、こちらをクリックしてください。

2018年03月 第183号 院内感染対策は大きな光

  その歯科医院にはどんなヒトが歯科医療に携わり、何が大切にされ、どんな
 コトが行われているのか。そこに焦点が集まろうとしている現代、その対象と
 なる大きな要素の一つが院内感染対策である。しかし、行政が院内感染対策の
 程度に応じての格付けを行わない限りは、医院側としては『不可』とはならない
 レベルでの対応に留まることだろう。院内感染対策に対する消費者感覚の変化と、
 行政の立ち遅れというギャップにいち早く気付き、『可』や『良』ではない
 『優』レベルの院内感染対策を経営戦略として打ち出せるかどうかが、
 これからの時代を乗り越えて行けるかどうかの分岐点となる。
 
お問い合わせ  |   プライバシーポリシー  |    利用規約   |   運営会社  |   よくある質問  |   特定商取引法に基づく表記  |   サイトマップ
Copyright (C) 歯科医院 経営 「DBMコンサルティング」 All Rights Reserved.