ようこそ ゲスト さん  
歯科医師・歯科医療スタッフの方、
  歯科関係者の方の会員登録はこちら
歯科経営に役立つ成功事例・
  おかしな事例、感動体験等をお届け!
歯科医院の経営ノウハウやスタッフ
  教育などに役立つセミナーを開催中!
PR
D☆STYLES.JP
 
PR
DBMコンサルティング 書籍販売コーナー
 
 

全国の歯科医療従事者及び歯科関連企業の方をサポートするため、D☆STYLESでは、スタッフ教育に役立つ情報、リーダーシップ論、経営に役立つ情報、実践で役立つ情報などをレポートにまとめ、毎月更新していきます。
※MCレポートのダウンロードは、プレミアム・レギュラー会員対象です。
 
掲載年月 月  フリー検索

 

2020年11月 第215号 DC組織のアタック&ディフェンス
2020年11月第215号(DC組織のアタック&ディフェンス).pdf

 13軒の歯科医院で行った『幸福度調査』の結果、大きな括りで見れば、幸福度を
高めている要素と低めている要素がすべて共通していることが分かった。恐らく
特異な例を除けば、現代日本の歯科医院で働く医療従事者のほとんどが、
自己肯定感が低く、前向きなチャレンジ精神に乏しい中で日々仕事を行っている
ということになりそうだ。これまで経営を順調に伸ばしてきた歯科医院であっても
院長以下全員の労...
2020年10月 第214号 院長が抱える共通の悩みを解く(2)
2020年10月第214号(院長が抱える共通の悩みを解くⅡ).pdf

 人間集団である組織とは常に人の心に左右される極めて不安定な存在でもあり、
そこで生起される種々問題は、自然科学的“正解”によって解決できるものではない。
先月は「院長が抱える共通の悩み」として、ベテランスタッフが起こしやすい問題の
解決について考えたが、今月は新人などの若手スタッフに関する問題として以下の
3点を取り上げる。

1.研修時に決定したことを知らなかったり、忘れていた...
2020年09月 第213号 院長が抱える共通の悩みを解く
2020年9月第213号(院長が抱える共通の悩みを解く).pdf

 院長が磨き上げてきた技術と学識を、価値あるものとして正しく打ち出し、
誠実に提供することで歯科医院経営は間違いなく伸長していく。評判が評判を生み
来院者数が増加の一途をたどり始めると、正に「猫の手も借りたいほどの忙しさ」
に全員が忙殺されるようになりスタッフの増員へと向かう。

 開業時には人選に慎重を期した院長も、とりあえず人手が欲しいの一心から
応募してきた中から比較的好まし...
2020年08月 第212号 人を喜ばすことのできる人財に
2020年8月第212号(人を喜ばすことのできる人財に).pdf

 IT技術はビジネスの幅を大いに広め、時間の短縮という価値をもたらしは
したが、人間によって生み出される価値を超えるものではない以上、人間対人間の
ビジネスである歯科医院に従事する人たちの仕事の価値を完全に高めるまでには
至らない。
 それは20年前に板書で行っていたセミナー内容をパワーポイントが必ずしも
凌駕し得ないのと同様、コロナ禍対策としてのテレワークやオンライン研修は、
利...
2020年07月 第211号 コロナ禍をドンと受けとめる
2020年7月第211号(コロナ禍をドンと受けとめる).pdf
 歯科医院経営において最も厄介な問題として存在する院長とスタッフの対立や
スタッフ間の軋轢などの人間関係は、そこに発生する溝の深さや多さが大きな
悩みを生み、時として“人の排除”という言葉すら院長の脳裏をよぎることも
現実に起きていた。
 コロナ禍は、そのような些かギスギスしがちな対人関係問題のホンネ部分の更に
底流に流れていながら見落としがちであった「今のスタッフと共に頑張る」という
...
2020年06月 第210号 愚者学経験、賢者学歴史
2020年6月第210号(愚者学経験、賢者学歴史).pdf

 新型コロナ感染症に対する感染防止策をクリニックレベルで見た場合、歯科医院における対応が最も厳格であり進んでいる。それは歯科治療においては口腔内に存在する多くの菌が飛び散る危険性があることに由来する。
 いち早く対策を講じた歯科医院に共通してみられる特徴は、今回のコロナ禍騒動が起きる以前から院内の感染予防や、清潔性の維持向上に積極的であった点、対策に
要する出費を厭わない点、そして院長の技...
2020年05月 第209号 幸福度は対人関係能力に比例
2020年5月第209号(幸福度は対人関係能力に比例).pdf

 8件の歯科医院における『幸福度調査』を通して、現代の歯科医療従事者に
共通する一つの問題点が見えてきた。
 それは、顧客に対しても、チームメートに対しても、「助けたい」「喜ばせたい」
「互いに承認し合い相互尊重を深めたい」「感謝し感謝されたい」と思っていながら、
そのために必要な行動をとれないでいるケースが大変多いのではないかということだ。

 「人の喜ぶ顔を見たい」、「他者に親...
2020年04月 第208号 上質コミュニケーションと 幸福度
2020年4月第208号(上質コミュニケーションと幸福度)re.pdf
 前野隆司先生の著書『幸せな職場の経営学』に示された『幸福度を高める4つの因子』
に基づき、いくつかの歯科医院で行った『幸福度チェック』の結果から自分なりに理解
したことがある。
 幸福をもたらす要因はいくつもあるだろうが、少なくとも歯科医療従事者として
歯科医院で働く人たちにとっては、私的な生活面は除き職場での仕事の成果や成長、
対人関係における相互承認や尊重といった要素は極めて大きな...
2020年03月 第207号 歯科医療従事者の幸福度測定
2020年3月第207号(歯科医療従事者の幸福度測定).pdf

 『多岐に亘る受診者層』の一人ひとり全員に満足感を与えることは所詮できない。
もしそれを目指すとすれば、歯科医療従事者はおそらく全員がストレスの塊となって
医療活動に支障を来たすことになる。何故なら、多岐に亘る大勢の受診者の中には、
医院側が提案するベストな内容を受け入れない人、医療上の指導内容を守らない人、
勝手な行動で他の礼儀正しい受診者に迷惑をかける『ストレス提供者』が必ず存在
...
2020年02月 第206号 全員が幸福な歯科医院
2020年2月第206号(全員が幸福な歯科医院).pdf

 慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授が
研究する『幸福学』を紐解きながら『全員が幸福になる歯科医院』を目指す。
幸福度や幸福感は個人の主観であり、幸福の姿は人によって異なることから、
それを目標に設定してもゴールが判然としないと思っていたところ、東京工業大学
工学部機械工学科卒のれっきとしたエンジニアである前野教授はエンジニアなら
ではのアプローチに...
2020年01月 第205号 顧客満足から顧客幸福へ
2020年1月第205号(顧客満足から顧客幸福へ)re2.pdf

  今号は前回伝えきれなかったパネルディスカッションの概要を前半に、今年の
 テーマについての考え方を後半に記したが、パネルディスカッションで語られた
 ことの本筋を辿っていくと「共に働く人たちの幸福」や「職場の幸福」に行き着く
 ように感じた。
  松本さんの「技術者のパフォーマンスを高める」ことも、村井さんの「互いの
 異見を認め合いそれを面白く感じる」心も、木村さんの「ミーティ...
2019年12月 第204号 強い組織づくりへの挑戦
2019年12月第204号(強い組織づくりへの挑戦).pdf
  組織とは基本的には人間が作ったモノではあるが、物理的に目に見えるモノ
 ではない。歯科医院の看板を掲げ歯科診療設備を施した建築物は存在するが、
 それは歯科医院の組織ではない。組織とは、組織を作ろうと考えた人間が
 掲げた『組織の目的』、それは「何故その組織を作ったのか」に対する答えに
 相当する、いわゆるビジョンなのだが、そのビジョンに共感した人間たちが
 作る集団である。
  ...
 
  || 1  / 18 ||  
 
お問い合わせ  |   プライバシーポリシー  |    利用規約   |   運営会社  |   よくある質問  |   特定商取引法に基づく表記  |   サイトマップ
Copyright (C) 歯科医院 経営 「DBMコンサルティング」 All Rights Reserved.